安倍政権と与党は共謀罪を力ずくで可決、成立させた。参議院の委員会審議を途中で打ち切り、本会議に中間報告させて一気に採決に持ち込むという手法は、議会政治の常識を破るものである。共謀罪に限らず、森友学園への国有地の不当な値引きによる譲渡、加計学園の獣医学部新設をめぐる優遇など、様々な疑惑が国会で追及されたが、安倍政権は一貫して誠実な説明を拒否してきた。安倍首相は、憲法改正メッセージについて質問を受け...