映画「聖の青春」(監督・森義隆、原作・大崎善生)が、全国の劇場で大ヒット上映中です。主人公の村山聖(さとし)を演じるのは松山ケンイチさんで、ライバルの羽生善治役は東出昌大さん。ネフローゼという難病を患いながら将棋にすべてを捧げ、1998年の夏に29歳の若さで亡くなった伝説の棋士の半生が、感動的に描かれています。

 村山は奨励会時代から、「終盤は村山に聞け」と言われるほど、競り合いの強さに定評があり...