もともと活字に親しんできたほうでもないけれど、特に「詩」とはちゃんと向き合えずにきた。愛読書は詩集です。なんていえたら格好いいだろうなと、数年に一度、詩集などを買ってみるけれど、短い言葉に込められた意味をどう受け止めていいのか、とまどっては本棚の肥やしにしてきた。

 古川奈央さんという女性がいる。詩人の谷川俊太郎さんを好きで好きでたまらない人だ。20代で「俊太郎さんの詩に救われた」という。そして2...