「梅は咲いたか、桜はまだかいな~♪」

 私の母は、梅の花を見ると、歌わずにはいられないようで…小さい頃から、毎年の耳にタコができるほど、聞かされました。

 実際に、私の実家がある関東地方では、1月には梅、3月下旬には桜が咲きます。

 意外ですが、遠い昔は、花見といえば梅だったんです。

 文学史を辿ってみましょう。

 奈良時代の万葉集の句のうち、梅を詠んだのは119首もあるのに対し、桜は45首しかありません...