自転車を活用した函館の街の楽しみ方を話し合うセミナー「アーバンライドミーティングinハコダテ」が17日午後6時半から、函館市地域交流まちづくりセンター(末広町4)で開かれる。

 棒二森屋が今春、“函館の街や風景に似合う”オリジナルの自転車(数量限定、税抜き価格5万円前後を予定)を同店で発売することに合わせ、同センターが初めて企画した。「函館らしい自転車文化とはなにか」を考えながら「自転車自体の魅力」「函館というまちの交通環境」「観光の手段としての自転車」など、さまざまな視点から意見を出し合う。