【木古内】町釜谷地区の海岸に14日、トド1頭が姿を現した。専門家によるとトドは函館山裏などに来遊することもあるが、人目につく場所に現れるのは珍しい。海沿いの国道228号では車を止めてドライバーたちが「珍客」を見入っていた。

 北大大学院水産科学研究院(函館)の山村織生准教授(海洋生物資源科学)によると、トドは休むとき波をかぶらず、人が近づけないような岩場に上がることが多い。山村准教授は「浜辺にいるのは病気で弱って動けないからではないか」と推測している。