函館・五稜郭地区の飲食店ではしご酒を楽しむ「食の五つ星 五稜郭バル」(実行委主催)が16日夕、開かれた。同地区の居酒屋やバーなど約46店舗が参加。バルの案内のパンフレットを持って歩く市民で街はにぎわった。

 今回で8回目。食を通して地域住民に五稜郭地区へ足を運んでもらう目的で開催。5枚つづりのチケットを購入すると、1枚につき飲み物1杯とそれぞれの店舗オリジナルのおつまみと交換できるイベント。今回は約2千枚弱のチケットが売れた。