函館市在住のトールペイント作家、藤崎ミサ子さんの作品が、2月下旬に全国発売された本「バラと花のトールペイント」(ブティック社刊、1620円)に掲載された。著名な作家と並んで載った藤崎さんは「作品が認められたと思う。自信がついた」と喜んでいる。

 トールペイントは木やブリキ、陶器などに絵の具で花や風景などを描くアート。藤崎さんは1998年に始め、2003年には日本手芸普及協会の認定講師となった。現在は自宅で教室を主宰している。

 同書は初版で1万800部発行され、トールペイント作家23人の作品を絵の具の色や筆のサイズ、花の描き方の順序まで1枚ずつ写真で紹介している。