苫小牧市高丘の樽前山神社は10日、苫小牧市の名物ホッキをかたどった「貝運一念発起みくじ」を発表した。道内各地の神社で販売されている「ご当地みくじシリーズ」の4例目で、同神社は「貝は金運上昇のアイテム。観光客に苫小牧の思い出として手にしてほしい」と期待している。

 苫小牧の貝運一念発起みくじは、水揚げ量日本一のホッキをPRしようと、制作。張り子製で、縦5センチ、横6センチ、厚さ4センチ。シカやハマナスなどが描かれ、北海道弁で「運気なまら上昇中」などと運勢を記したおみくじ「えぞみくじ」が、ホッキの水管を模して貝の間に差し込まれている。同神社の権禰宜(ごんねぎ)・鎌田孝幸さん(46)がデザインを手掛けた。1個300円。