【新ひだか】町内の三石海浜公園海水浴場が今夏、休止する。昨年の台風で備品のロープが破損したことに加え、利用が低迷していたため、町が決めた。今夏、管内で利用可能な海水浴場は様似町の親子岩ふれ愛ビーチのみになる。

 破損したロープは遊泳可能な海域を区切るためのもの。旗を立てたブイが付いており、長さ数百メートルある。毎年補修しながら使っていたが、昨季は台風による傷みがひどく、補修もできないほどだったという。

 海水浴場を開設するには、ロープの購入費約80万円に加え、監視員の人件費が1カ月に約100万円、仮設トイレなどのレンタル代20万円余が必要になる。町は財政状況や費用対効果を検討し、休止を決めた。海浜公園のうち、キャンプ場や磯遊びのできるふれあいビーチや、温泉、道の駅などは営業する。海水浴場でも砂浜の波打ち際で遊ぶことは可能という。