阿寒国際ツルセンターは開設20周年記念として、市民や来場者から募った写真を素材にタンチョウのモザイクアートを作成し11日、完成披露パーティーを開き、常設展示を始めた。

 作品は縦2メートル横2・6メートル。公募した「笑顔の写真」503枚に、タンチョウの写真679枚を組み合わせて布の幕にプリントした。絵柄は河瀬幸館長が撮影した写真がベースで、「タンチョウの求愛のダンス」の場面という。