【鶴居】村立下幌呂小と村女性団体連絡協議会、村内のタンチョウ保護団体「タンチョウコミュニティ」は20日、タンチョウの餌となるデントコーンを、村内の給餌場「鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ」(中雪裡南)に寄贈した。

 2008年から続く「タンチョウのえさづくりプロジェクト」。児童や同協議会が村内の酪農家から無償で借りた畑で、種まきから収穫、乾燥した後にほぐし作業を行い、11羽が冬を越せる量に相当する196・1キロの餌を作った。