【鶴居】村は8日、長期滞在観光を全国にPRするため、国の制度に基づく「ふるさと名物応援宣言」を行った。国の特別天然記念物タンチョウが生息する酪農地帯での長期滞在観光を推進する企業や団体を後押しするもので、地域活性化につなげる考えだ。

 名物応援宣言は2015年8月の中小企業地域資源活用促進法改正に基づき、経済産業省が推進する制度。同省などのホームページ(HP)を通してPRするほか、地域資源を生かした村の事業計画に対して、国が補助金を優先的に与える。

 道内では砂川市や深川市などに続き9番目で、釧路・根室管内では初めて。