釧路市動物園は4月の土、日曜日にフクロウの仲間コミミズクの雄「ハッチ」が飛ぶ姿を間近で見られる公開フライトを行う。ハッチは昨年5月に引退したコミミズクの雌「コミタン」の後任として訓練中で、1、2の両日は高校生以上に限定して公開する。

 ハッチは青森県八戸市の沖合で漁船に保護され、釧路港から市場関係者を通じて2014年11月に同園にやってきた。全長34センチ、翼を広げた長さは86センチ。訓練によりフライト自体はできているが、警戒心が強いため周囲の人の動きに慣らすのに時間がかかるという。