北海道新聞
login  ヘルプ

どうしんウェブ The Hokkaido Shimbun Press

2017年05月01日 月曜日(先負)

文字
小
中
大
  • RSS

ニュース > 地域 > 道東

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

メモ登録閉じる

』についてのメモ

記事にメモを書き添えることができます。

種イモ確保へ規格外も活用 十勝の農協、例年並み作付確保へ奔走

ハウス内で発芽が進む「トヨシロ」の種イモ=芽室町

 昨夏の台風の影響で生食用、加工用ジャガイモの種イモ不足が深刻化し、十勝管内の各農協が種イモの確保に奔走している。例年なら各農家には配布しない規格外品まで投入し、ほぼ例年並みの量を確保。作付面積の大幅な減少は避けられる見通しだ。ポテトチップスの生産縮小が明らかになり、主産地の十勝では2年連続の収量減を回避する動きが本格化している。

続きを読む

ニュースアクセスランキング(総合)

loading

※7日以内の新着記事を表示しています。

すべて既読にするclose

PR
PR