「もうすぐ春だね」―。薄紅色の花を咲かせたサクラを、買い物客がうっとりと見つめた。札幌市中央区のさっぽろ東急百貨店(北4西2)は、約1千本の枝を北側玄関ロビーに展示している。現在は八分咲き。同店によると、週内にも満開になる見込みだ。

 9日から始まった。早咲きで知られる「啓翁桜(けいおうざくら)」を中心に、トウカイザクラ、オカメザクラ、オトメザクラの4種類が飾られている。いずれも東北産で、専用のつぼに生けられている。枝の高さは大きいもので約3メートルあり、見応えは十分。周囲には花の甘い香りが漂い、春の訪れを感じられる。展示は22日まで。