札幌市が、スマートフォンを使って市内の公共交通の経路・料金を調べられるアプリを開発し、4月から一般市民がダウンロードできるようにしている。駅や停留所の位置が分からなくても、画面の地図を指さして出発地や目的地を決めると、利用できる交通機関や乗り換え場所などが表示される。直感的に操作できるのが特長という。

 検索できるのはJR、地下鉄、路面電車(市電)と、じょうてつなどの路線バス4社。札幌市内のほか、石狩、北広島、江別、小樽各市と結ぶ路線も対象にしている。

 アプリは「えきバスナビ」のホームページhttp://ekibus.city.sapporo.jp/にあるリンク先から、ダウンロードできる。