北海道新聞
login  ヘルプ

どうしんウェブ The Hokkaido Shimbun Press

2017年05月01日 月曜日(先負)

文字
小
中
大
  • RSS

ニュース > 経済 > 農林水産

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

メモ登録閉じる

』についてのメモ

記事にメモを書き添えることができます。

東京五輪に旭川のコメを 永山地区の若手農業者、認証審査へ

JGAPの団体認証を受けるため情報交換をする永山町稲作研究会のメンバー

 【旭川】旭川市永山地区の若手農家らでつくる永山町稲作研究会(27戸)は、2020年の東京五輪・パラリンピックの食材提供の際に取得が条件となる農産物生産の認証制度「農業生産工程管理(GAP)」の団体認証を目指し、今夏にも審査を受ける。日本GAP協会(東京)によると、稲作農家の団体申請としては全国一の規模となる。

続きを読む

記事一覧を見る

ニュースアクセスランキング(総合)

関連リンク

loading

※7日以内の新着記事を表示しています。

すべて既読にするclose

PR
PR