北海道新聞
login  ヘルプ

どうしんウェブ The Hokkaido Shimbun Press

2017年07月22日 曜日(先負)

文字
小
中
大
  • RSS

ニュース > 経済 > 農林水産

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

メモ登録閉じる

』についてのメモ

記事にメモを書き添えることができます。

サンマ漁獲枠合意できず 漁船増禁止は一致

北太平洋漁業委員会の会合後、結果について説明する水産庁の神谷崇資源管理部長=15日午後、札幌市

 北太平洋公海の漁業資源保護を議論する国際機関「北太平洋漁業委員会」(NPFC)の会合が15日、札幌市内で3日間の日程を終えて閉幕した。日本はサンマ資源減少への懸念から、日本近海と公海の漁獲上限を年間計56万4千トンとして、国・地域別に割り振る漁獲枠の新設を提案。だが、中国、韓国、ロシアの反対で合意に至らず、結論を来年の次回会合に持ち越した。サンマ漁船数の増加を禁止することでは一致した。(2面=中韓との溝埋まらず)

続きを読む

記事一覧を見る

ニュースアクセスランキング(総合)

関連リンク

loading

※7日以内の新着記事を表示しています。

すべて既読にするclose

PR
PR