【デトロイト共同】トヨタ自動車は10日、2017年の自動車各社による米新車販売台数の合計が1720万台に上り、3年連続で1700万台を超えるとの予測を明らかにした。ホンダは1740万台を予想しており、米国で好調な売れ行きが続くとの見通しが相次いだ。各社の米国法人幹部らが北米国際自動車ショーの会場内で語った。

 米株価が過去最高値水準で推移するなど、米経済の先行きに楽観的な見方が広がっていることが背景にある。一方、米大手メーカーが大型車を値引きして販売を支えているとの指摘もあり、勢いが続くかは不透明だ。