NTTドコモ(東京)は9日、人工知能(AI)を活用し、時刻表や特定のルートに縛られずに利用者の希望に応じて最適なルートを走行する「AI運行バス」のサービスを函館市のベンチャー企業「未来シェア」(社長、松原仁・公立はこだて未来大教授)と共同開発し、2018年度中の実用化を目指すと発表した。乗客の利便性向上だけでなく、地方のバス事業者の慢性的な赤字解消や運転手不足にも対応した運行を目指す。

 乗客はスマートフォンのアプリを通じてバス事業者に乗車場所とバスに乗りたい時間、行き先を送信。AIがリアルタイムで複数の乗客の希望を最大限に満たすルートを判断し、運転手に伝えたり、自動的に配車する仕組み。将来的には、ドコモが開発した携帯基地局ごとに人がどのように移動するかを予測する技術も活用する予定で、事業社側は、より無駄の少ない運行が可能になるという。