【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)離脱を決めた英国と、残る27加盟国を代表するEU欧州委員会は19日、離脱条件などを巡る初の交渉をブリュッセルで行った。EU側が求める600億ユーロ(約7兆4千億円)とも言われる未払い分担金の清算を英側がのむか否かなどが序盤の焦点だ。英国のメイ首相は基盤固めを狙った今月の総選挙で逆に与党保守党の過半数割れを招き、政権の弱体化が交渉の行方に影を落としている。

 欧州の将来に大きく影響する交渉は延長しなければ、英国の離脱通知から2年後の2019年3月29日が期限。