農林水産省は日本食の魅力を広めようと、札幌生まれのバーチャル(仮想)歌手「初音ミク」を使った動画をインターネット上で公開した。初音ミクが各地を旅行しながら、北海道のカニやホタテなどのご当地名物を紹介している。

 札幌のIT企業クリプトン・フューチャー・メディアが開発した初音ミクは、国内外で人気が高い。農水省はキャラクターの知名度を生かし、日本の食文化を海外へ発信したい考えだ。