北海道新聞
login  ヘルプ

どうしんウェブ The Hokkaido Shimbun Press

2017年03月23日 木曜日

文字
小
中
大
  • RSS

ニュース > 暮らし・話題 > 暮らし・話題

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

メモ登録閉じる

』についてのメモ

記事にメモを書き添えることができます。

ジョージアの伝統製法でワイン商品化へ 道内農家とワイナリー

動画はこちらから動画を見る

動画はこちらから

札幌のワイナリーでジョージア伝統のワイン作りに挑戦 夏にも販売へ

 岩見沢市と三笠市でワイン用ブドウを栽培するKONDOヴィンヤードの近藤良介代表(43)とさっぽろ藤野ワイナリー(札幌市南区)は、ワイン発祥の地とされる東欧のジョージアの伝統製法で作ったワインを夏にも販売する。陶器のかめ「クエブリ」に皮や小枝が付いたままのブドウを入れ、そのまま発酵させる製法で、数千年の歴史を持つと...

かめの「クエブリ」を使ったワイン造りが進む。手前のかめのケルナーはほぼ発酵を終えた

 岩見沢市と三笠市でワイン用ブドウを栽培するKONDOヴィンヤードの近藤良介代表(43)とさっぽろ藤野ワイナリー(札幌市南区)は、ワイン発祥の地とされる東欧のジョージアの伝統製法で造ったワインを夏にも販売する。陶器のかめ「クエブリ」に皮や小枝が付いたままのブドウを入れ、そのまま発酵させる製法で、数千年の歴史を持つとされる。昨秋に仕込んだ試作の出来は上々。2人は「もっとおいしくなるはず」と意欲を燃やす。

続きを読む

記事一覧を見る

ニュースアクセスランキング(総合)

loading

※7日以内の新着記事を表示しています。

すべて既読にするclose

PR
PR