【小清水】オホーツク観光連盟(大江友広会長)は7日、第17代オホーツク観光大使にバーチャル(仮想)アイドルの結月(ゆづき)ゆかりを任命し、オホーツク管内小清水町で就任式を行った。

 結月ゆかりは東京のソフトウエア会社が開発した音声ソフトのキャラクター。女満別空港ビルの応援キャラクターも務める。仮想アイドルの観光大使就任は全国でも珍しいという。

 流氷とクリオネをイメージした衣装で、画面から「オホーツクの魅力を伝えるため頑張ります」と誓った結月ゆかり。オホーツクファンを増やす願いは、仮想でなく現実となるか。