閣僚から、またも耳を疑うような発言が飛び出した。

 山本幸三地方創生相である。大津市でのセミナーで、文化財観光に絡んで「一番のがんは文化学芸員。この連中を一掃しないと駄目」と述べた。

 学芸員は資料の収集、保管、展示、調査研究にあたる専門職員だ。貴重な文化財を守っていく上で、欠かせない存在である。

 その学芸員を「一掃」して、地方の「宝」とも言える文化財を失うようなことになれば、観光振興どころではなかろう。地方創生も吹き飛んでしまうのではないか。

 およそ地方創生相にふさわしくない、お粗末な発言である。

 文化財保護法は文化財を「保存し、活用を図り、国民の文化的向上に資する」と定めている。

 山本氏はそうした本質すら、理解していないと受け止められても仕方がない。

 セミナーでは「自分たちだけが分かっていればいい、分からないなら来なくて良いよ、というのが学芸員の連中だ」とも話した。

 内向きで、情報発信が乏しい施設があると言いたかったのかもしれない。だが、それは施設や自治体の役割である。学芸員批判は筋違いだ。

 山本氏は陳謝し、発言を撤回したが、その際にも「学芸員の方々に観光マインドを持ってもらう必要があるという趣旨だった」と説明した。

 観光に力を入れすぎると、文化財の価値を損ねる恐れも出てくる。そうした場合に保護を優先させるのが学芸員の役割だろう。

 そこに思いを巡らせることなく、観光ばかりを強調する発言の数々は、国民の貴重な共有財産である文化財を、商売道具としか捉えていないように映る。

 乏しい予算で資料の保管に努め、施設を運営する自治体も少なくない。学芸員を批判するぐらいならむしろ、そうしたところに予算措置を求めて声を上げるのが、地方創生相の役割だ。

 比喩として「がん」を持ち出したのも患者の心を踏みにじる。猛省を促したい。

 このところ、安倍内閣の閣僚から問題発言が続く。

 今村雅弘復興相は東京電力福島第1原発の事故に関し、自主避難者への対応について、「本人の判断」と自己責任であるかのように突き放した。

 それぞれ、閣僚としてふさわしい発言かどうか、胸に手をあてて考えた方がいい。