北海道新聞
login  ヘルプ

どうしんウェブ The Hokkaido Shimbun Press

2017年05月28日 曜日(先勝)

文字
小
中
大
  • RSS

ニュース > 政治 > 政治

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

メモ登録閉じる

』についてのメモ

記事にメモを書き添えることができます。

憲法審「主体性持ち丁寧に議論」 民進は首相発言撤回要求

衆院憲法審査会で討議する各党の委員=18日午前

 衆院憲法審査会は18日、約1カ月ぶりに議論を再開した。森英介会長(自民党)は、2020年の改正憲法施行を目指すとした安倍晋三首相の発言に関し「主体性を持って与野党で丁寧な議論を積み重ねる」との見解を示し、合意形成を重視する姿勢を強調した。民進党は「立法権を著しく侵害する」と批判し、審査会として首相発言の撤回を求めて決議するよう求めた。自民党は「あくまで党総裁としての考えを党に向けて示した。何ら問題はない」と反論した。

続きを読む

記事一覧を見る

ニュースアクセスランキング(総合)

loading

※7日以内の新着記事を表示しています。

すべて既読にするclose

PR
PR