北海道新聞
login  ヘルプ

どうしんウェブ The Hokkaido Shimbun Press

2017年05月30日 火曜日(先負)

文字
小
中
大
  • RSS

ニュース > 政治 > 政治

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

メモ登録閉じる

』についてのメモ

記事にメモを書き添えることができます。

新天皇即位は18年12月想定 来夏に期日、元号発表も

天皇陛下(左)、皇太子さま

 政府は19日、天皇陛下の退位を実現する特例法案を衆院に提出した。退位と新天皇の即位は来年12月を想定し、成立後に準備を本格化。皇位継承に伴って改める元号は来年夏にも事前発表する構えで、退位と即位の期日決定と同時期に行う可能性もある。来週後半以降に始まる見込みの国会審議では「女性宮家」創設を巡る付帯決議の取り扱いが焦点だ。

続きを読む

記事一覧を見る

ニュースアクセスランキング(総合)

loading

※7日以内の新着記事を表示しています。

すべて既読にするclose

PR
PR