低気圧が発達する影響で、道内は日本海側を中心に10日夜から12日にかけて大荒れになる見込みだ。札幌管区気象台は、猛吹雪や吹きだまりによる交通障害などへの注意を呼び掛けている。

 気象台によると、千島近海の低気圧が発達しながらサハリン付近に進むため、道内は冬型の気圧配置が強まる。日本海側では10日の最大瞬間風速が陸上、海上ともに30メートルとなる見通し。雪も伴い、降雪量は11日午前6時までの24時間で25センチに達する見込み。