低気圧が通過した影響で、道内は17日、各地で風が強まった。18日は日本海側と太平洋側西部で雪を伴う強い風が吹く見通し。札幌管区気象台は猛吹雪や吹きだまりによる交通障害などに警戒を呼び掛けている。

 気象台によると、17日の最大瞬間風速は日高管内えりも町襟裳岬で33・2メートル、釧路市で27・4メートルを観測した。