北海道新聞
login  ヘルプ

どうしんウェブ The Hokkaido Shimbun Press

2017年03月25日 曜日

文字
小
中
大
  • RSS

ニュース > 社会 > 社会

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

メモ登録閉じる

』についてのメモ

記事にメモを書き添えることができます。

「本気で自殺考えた」23・6% 厚労省調査 50代が最多

自殺したいと考えたことがある人の割合

 成人男女のうち本気で自殺したいと考えたことがある人が23・6%に上ることが21日、厚生労働省の「自殺対策に関する意識調査」で分かった。2012年の前回調査から0・2ポイント増。年代別では50代が最多だった。相談ダイヤルなど行政による対策への認知度が低い現状も判明。政府は今夏に新たな自殺総合対策大綱を閣議決定する予定で、厚労省は「相談事業の周知や、職場のメンタルヘルス対策を一層推進したい」としている。

続きを読む

24日

記事一覧を見る

ニュースアクセスランキング(総合)

loading

※7日以内の新着記事を表示しています。

すべて既読にするclose

PR
PR