不通が続くJR日高線鵡川―様似間を巡り、日高管内の全7町が、鉄路も道路も走行できるデュアル・モード・ビークル(DMV)の導入に向けた要望活動を本格化させた。27日はJR北海道や道にDMVの調査・検討への支援を求めた。4月にも協議会を設け、道も加えて検討を始める。協議には年内いっぱいかかるとの見方もあり、代行バスの利用を余儀なくされている沿線には「議論を長引かせるだけだ」との声もある。

 「レールを走れれば定時性を確保できる。全国とつながる鉄道網を切るわけにはいかず、安易なバス転換は受け入れられない」。JRへの要望後、新ひだか町の酒井芳秀町長はこう述べ、DMV導入による路線維持に強いこだわりを見せた。えりも町の岩本溥叙町長も「JRも『支援していく』と言ってくれた」と述べた。