【北見】軍事技術に応用できる基礎研究に防衛省が助成する「安全保障技術研究推進制度」について、北見工大(高橋信夫学長)は「大学の研究は民生のために使うものであり、軍事に使うことがあってはならない」として学内からの申請を認めない方針を決めた。道内の主な大学で同制度への応募を禁止する方針を打ち出したのは初めて。

 同制度をめぐっては科学者の代表機関である日本学術会議が3月、「政府による研究への介入が著しく、問題が多い」などと指摘する声明を決議した。ただ工学系研究者が研究費不足に悩む実情もあり、各大学の対応は割れている。