2020年東京五輪・パラリンピックに向けて全国から有望選手を発掘するスポーツ庁の「ジャパン・ライジング・スター・プロジェクト」で、対象競技種目の強化拠点となる都道府県の公募が19日締め切られ、五輪競技のハンドボールは熊本県、ソフトボールは高知県が有力となったことが関係者への取材で分かった。22日の会議を経て正式発表される。

 飛び込みは新潟県、ボートは埼玉県、自転車は滋賀県が申請した。同プロジェクトにはメダル有望競技を増やす狙いがあり、五輪は中高生から参加を募って適性のある「金の卵」を選抜する。