2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は12日の理事会の冒頭で、同五輪で柔道混合団体や卓球混合ダブルス、バスケットボール3人制などの新規採用が決まったことを歓迎しつつ、実施種目が321種目(追加種目を除く)となり、国際オリンピック委員会(IOC)が上限としてきた約310種目を上回った点は「少し疑問に思っている」と述べた。

 理事会後の記者会見に森会長は出席しなかったが、組織委の中村英正企画財務局長は「(種目が)想像したより増え、もう少し個別に(理由を)聞きたいということではないか」と発言の意味を推測した。