2020年東京五輪の自転車ロードレースで国際自転車連合(UCI)からコース変更を要望されている大会組織委員会が、山梨県を通過して富士スピードウェイ(静岡県小山町)にゴールするコース案を有力候補として調整に入っていることが18日、関係者への取材で分かった。組織委の関係者は「山梨県を通ることはほぼ間違いないが、具体的なコースはまだ固まっていない」とした。

 ロードレースは皇居外苑を発着点とする計画が15年12月の国際オリンピック委員会(IOC)理事会で承認されたが、UCIがテレビ映りや景観を重視し、富士山を背景に走るコースを求めた。