北海道新聞
login  ヘルプ

どうしんウェブ The Hokkaido Shimbun Press

2017年03月24日 金曜日

文字
小
中
大
  • RSS

スポーツ > スポーツ一般 > スポーツ一般

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

メモ登録閉じる

』についてのメモ

記事にメモを書き添えることができます。

大回転の男子座位は鈴木V ジャパンパラアルペン

男子大回転座位で優勝し、金メダルを見せる鈴木猛史(中央)。左は2位の狩野亮、右は3位の夏目堅司=長野県白馬村

 障害者アルペンスキーのジャパンパラ大会第2日は20日、長野県の八方尾根スキー場で大回転第1戦が行われ、男子座位はソチ・パラリンピック回転金メダルの鈴木猛史(KYB)が優勝した。狩野亮(マルハン)が2位、夏目堅司(アールディーエス)が3位だった。ワールドカップ(W杯)で年間総合優勝した森井大輝(トヨタ自動車)は2回目で途中棄権した。

続きを読む

loading

※7日以内の新着記事を表示しています。

すべて既読にするclose

PR
PR